Photo of Sally ito

Sally Ito is a writer and translator who lives in Winnipeg. Her most recent book is Are You an Echo: The Lost Poetry of Misuzu Kaneko; she was co-translator with Michiko Tsuboi of the poetry in this book. Ito is currently working on a cultural memoir about her family history, as well as helping compile an online directory of Japanese Canadian artists.

サリー・イトウは、ウィニペグ在住の作家及び翻訳家。最新作は、『こだまでしょうか:金子みすゞの失われた詩』で、ミチコ・ツボイとともに本書の翻訳に携わった。現在、自身の家族の歴史にまつわるメモアールを執筆中。また、日系カナダ人アーティストのディレクトリ作成にも関わっている。

Translation Workshop & Discussion with Jay Rubin, Sally Ito, and Ted Goossen, hosted by Steve Frost
Saturday, 12:30pm — 1:30pm, Vancouver Japanese Language School, 4th Floor

In this hybrid panel discussion/workshop we’ll investigate the generative nature of translation work, in which a new text emerges rather than a mere replication of an original text. Audience members will then participate in a group Japanese to English translation exercise. No Japanese language skills required! Supported by Historic Joy Kogawa House Society.

Reading by Raymond Nakamura and Sally Ito
Saturday, 3:00pm – 3:30pm, Street Stage

Raymond Nakamura will be reading Peach Girl, his re-interpretation of the Japanese folk tale Momotaro. In his version, a girl born from a giant peach, sets off with animal friends to meet a much feared ogre. Sally Ito will be reading from her translation of Are You An Echo by Misuzu Kaneko. This reading is open to all ages.

Internment as Art: a panel featuring Joy Kogawa, Jay Rubin, Yoshié Bancroft, and Matt Miwa (hosted by Sally Ito)
Sunday, 12:00pm – 12:30pm, Firehall Theatre

It has been 75 years since the internment of Japanese North Americans in camps in the deserts of the U.S. and the mountains of Canada. What of this experience has shaped the psyche of artists writing or performing about this time in our collective history? Come and listen to writers Joy Kogawa and Jay Rubin, and performers Matt Miwa and Yoshie Bancroft speaking about this topic at a panel moderated by writer and translator, Sally Ito.

Powell Street Diary Reading featuring Junji Nishihata, hosted by Sally Ito
Sunday, 1:00pm — 1:30pm, Street Stage

A posthumous journal by the late Jesse Nishihata, the award-winning filmmaker who brought the Japanese Canadian story to a national audience, Powell Street Diary brings to life Vancouver’s Japanese neighbourhood before the evacuation, along with the uncertainties and insecurities that face every twelve-year-old kid growing up in troubled times. Junji will be reading from The Powell Street Diary, which will be hosted by Sally Ito.

翻訳ワークショップ&ディスカ ッション:ジェイ・ルビン、サリー・イト ウ、テッド・グッセン
土曜、12時半〜1時半、バンクーバー日本語学校4階
進行役:スティーブ・フロスト

このパネル・ディスカッションおよびワークショップでは、翻訳の創 造的な側面に着目し、翻訳という行為が単なるオリジナルのコピ ーではなく、新しいテキストの出現を意味するものとして議論しま す。みなさんには、グループで日本語から英語への翻訳のエクサ サイズに参加していただきます。日本語の知識は不要です!ヒス
トリック・ジョイ・コガワ・ハウス・ソサエティ後援。

レイモンド・ナカムラ & サリー・イトウによる読書会
土曜、午後3時〜3時半、ストリート・ステージ

レイモンド・ナカムラが、昔話「桃太郎」をもじって、「ピー チガール」を読みます。巨大な桃から生まれた女の子が、 動物を従えてこわい鬼のところへ旅をします。サリー・イト ウは、金子みすゞ作、「こだまでしょうか」の英訳を読みま す。全ての年齢向け。

アートとしての強制収容:ジョイ・コガワ、ジェイ・ルビン、ヨシエ・バン クロフト、マット・ミワ(進行役:サリー・イトウ)
日曜、午後12 時〜12時半 ファイアーホール・シアター

アメリカの砂漠やカナダの山奥のキャンプに北米の日系人が収 容されてから75年が経ちました。この体験は、この集団的歴史に ついて表現するアーティストの精神をどのように形作ってきたの でしょうか。作家のジョイ・コガワやジェイ・ルビン、パフォーマー のマット・ミワやヨシエ・バンクロフトのパネル講演会に是非お 越しください。司会進行は、作家および翻訳家であるサリー・イト ウが務めます。

ジュンジ・ニシハラ「パウエル街ダイアリー」朗 読(進行役:サリー・イトウ)
日曜、午後1時〜1時半, ストリート・ステージ

日系人のストーリーをカナダ全土に知らせ高い評価を得た映画 監督故ジェッシー・ニシハラが生前に遺したジャーナル。この中 には、戦前のバンクーバーの日本人街における日常や、厳しい 時代に育った12歳の子供達が直面した不安が描かれています。 ニシハラ氏が「パウエル街ダイアリー」から朗読をします。進行 役:サリー・イトウ

https://www.writersunion.ca/member/sallys-ito
https://twitter.com/sallysito

 
More Artists

 
See full list of artists

  • Banana Bread バナナブレッド

    Saturday, 3:00pm-3:30pm, Street Stage  Yujiro started playing jazz professionally in the Tokyo area in his early twenties. After moving to Canada in 2005, he has been performing regularly… More ›

  • Bujinkan 武神館

    Saturday, 12:30pm – 1:00pm, Demonstration Area Bujinkan Budo Taijutsu is a Japanese martial system comprised of 9 warrior schools of Samurai and Ninjutsu traditions with lineage dating back… More ›

  • Photo of Alcvin Ryuzen Ramos

    BUSHIDO 節童 (Children of Song)

    Sunday, 5:00pm-5:30pm, Street Stage 日曜、午後5時から5時半、ストリート・ステージ Co‐founded by Alcvin Ryuzen Ramos and Nori Akagi, Bushido infuses fresh, contemporary energy into traditional Japanese folk melodies. Bushido’s sound ranges from fiery samurai… More ›

 

top